忍者ブログ
Since2007:09:26  仮面ライダー電王など特撮ラクガキ展示場。猫日記も。
[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

c5b8c6d5.jpg





















さてさて、ラブコメ的ヒキで続いた今回のエピソード。
やっぱラブストーリーの良し悪しはヒロインの性格で決まるね~などと勉強しつつ。第42話感想いってみます!未見のかたは要注意!

■前回でかなりのダメージらしい侑斗、どういうわけかデンライナー内へ…やっぱりゼロライナーはひみつの事情で解体中だったりするのかしら。
わざわざ寝かせるためにハンモックまで吊っていますが、良太郎がダウンしたときにはそんな手間はかけなかったように思いますが?ナオミのしわざかしら。そもそも寝台車か何か使いなさいというに。
■タロズがすごく物見高くておかしいw
「12時!?」と全員腕時計を見る芝居が楽しい。タロズは時計はめてないだろ…桃、その見方(左手の内側を見る)は女持ちの時計じゃないか??
■タロズはもう全員デネブをオデブと呼ぶが、浦は侑斗を「ぼくちゃん」と呼ぶ…侑斗を逆なでしそうだな、この呼び方。金は、デネブにかなり共感しているらしい。なんかいい呑み友達になりそうだこの二人。
■それに前回で水没のデンバード…別に問題はなかったらしい。なにもなかったかのように出てきてますが丈夫だなデンバード…。

■OP…やっぱりその回の登場フォームで変えるらしいなバージョン。そういうわけで今回はウラタロスバージョン…♪イイね イイね スゴいね♪……あまりにも変(笑)!いやもういい。もうなんだって構わない。あとキンバージョンとリュウバージョンが待機中か…。

■翔子ちゃんを捜しに公園へ行くデネブと良太郎…デネブその格好はなんだい。ポンポン付き毛糸帽子にマフラー…黒ぶちメガネ。変装にもなんにもなってないし。怪しすぎるし。寒がりやのフクロウみたくなってるぞ!!ていうか…じじむさい!(笑)茂みに隠れたら帽子にちっちゃな白い花がくっついて愛くるしいけど(笑)。
■まさかオデブちゃんと呼ばれる報復ではあるまいけど、「カメタロス」じゃないからねデネブ。この調子だと桃金竜もちゃんと覚えているかどうか怪しいものだ。
デネブのご指名でU良太郎がお手伝いしたのはいいけど、やはり現在進行形で恋する乙女翔子ちゃんには浦のセクシータイフーンも効かない様子。ちょっとおかんむりの浦がカワイイ。
■食堂車の乗車率がえらい事になっている。侑斗までいるから…。ナオミのひいきで場所取ってるし。放置されたタロズがしけたヤカンでコーヒーを、紙コップに淹れてるのが哀れさをそそる(笑)。(ていうかどうやって淹れるのか)
金「男は中身やからな!」
ナオミ「それ幻想ですよ」
酷いやナオミ(笑)。かなり長く生きているから思うが、やっぱ男は中味じゃよ。
そりゃまあいきなりイマジン体じゃ、さすがの翔子ちゃんも惚れるには時間がかかろうけど。
■結局イマジンの動向を探るために、デートするハメになるD侑斗。デートの舞台は東武動物公園。
デートには泣き言を並べていたデネブが、マフラーの染み抜きとなると水を得た魚のようだ(笑)。家政婦体質め…。翔子ちゃんとうち解けてきて、楽しくやってるシーンはほとんど「餌やりイベント」なあたりがまた彼らしい。好きなんだな、餌やるのが(笑)。
■「大丈夫かな」と物陰から心配する良太郎に心からシンクロしてみる。

■海辺でキャッチボール。実にデートらしくてよろしいな。
翔子ちゃんはあれで絶望も知っている強い子であるようだ。実によい話をしている…あんまりいい話だからデネブが耐えきれなくなってしまったじゃないか(笑)。
翔子ちゃん、「誰?」って、侑斗の脇で物怖じしてるのは、怪人です(笑)。まあオクトイマジンにも大して動じてなかったしなこの子。電王に出てくる子女子はみんな肝がすわっとるなあ。

■お久しぶりのロッドフォーム、せっかく相手が水系なのにいいとこなし_| ̄|○
意外と体硬いね…まあタコにはかなわないか。おまけにマンホールにハマるというのは、ひょっとして良太郎の不運は伝染性か。
ぼく、こういうキャラじゃないんだから」が決めゼリフになりそうな件について。ちびボイス3でどうですかね。
■翔子の目の前で変身する侑斗。画面が不思議と叙情的で詩的だ。
デネビックバスターへの変身はよーく分かった(笑)。すごいカッコ悪いけど、デネブらしい…(笑)。

■過去へ。病院で暴れるのよくない。
大型火器(デネビックバスター)+肉弾戦の相性はよくないと思うけどな侑斗。
ライナーフォームが大とっくんの成果か強くなっている気がする。電車斬りとデネビックバスターのクロス攻撃は強力でカッコイイが、デネビックバスターの射線をライナーフォームよぎってるけど大丈夫?
■なんとライナーのレールに取り憑いてギガンデス化。そんなのアリなんだ。オクトイマジンも隅に置けないじゃない。
■キングライナー出馬、攻撃強力無比。キングライナーも、だんだん可愛く見えてきた。
■侑斗を忘れた翔子。でも愛理姉さんにはまだ希望がありそう。侑斗を諭すがごとき良太郎。むしろ良太郎の方が頑固で物事を諦めない子だよなあ。
■駅長再登場。桜井の謎について教えてくれるのか?もったいつけて開けたトランクの中には…次回に続く。
次回、トランクの中からスプーン一式出てきたらどうしようと思ったのはきっと自分だけではないはず。

■スーパーヒーロータイムコントの時って、いつも金ちゃんテンション高いなあ。
「キンぐらいなー!」おやじギャグ炸裂。桃浦竜のテンション下がりまくりなのがおかしい。

いやあデネブ回は感想がやたらと長くなっていけません(笑)。
切ない話ではありますが、さすが消えるの消えないのという話に比べれば…。翔子ちゃんがいいキャラだった事もあって、ちょっと切ないラブストーリーでした。
それよりは、次回タロズの存在に関わる話みたいなんで心配だ…そういう話はやめようよ(無理)。

拍手[0回]

PR

946ea5d9.jpg























おおお膨大に感想を書き倒したところで、IEがフリーズしやがりましてデータが消えました_| ̄|○
こういうときに限ってすげえ分量なのよねえ。

第41話感想いきます!未見の方は要注意!!

■デネビックバスターの攻撃時の気合い(?)が『弁!』であることに今更気づく。「ベン」てなんじゃろと思うておりました。
■坂道でひったくりに遭う愛理姉さん、侑斗がひったくりを取り押さえるシーンが無駄にハデ(笑)。通行人も巻きこんで全員で急坂を転がり落ちるって…(笑)。愛理姉さんが侑斗を忘れているという、哀しいシーンなのに泣けずw
■侑斗のペンダント復活してますな。前回錆びたのは…?
■デネブ『侑斗のいない時間』のことを知らされて大ショック(そうだろうなあ。むしろそうであれ)。
デネブが常時アメちゃんをどれだけ携帯しているのかが窺えるシーン(笑)。
前回、『侑斗のことを知らないデネブ』を良太郎が、恐ろしいものでも見るような目で見ていたのは名演技でした…自分も正直怖かったし。
だからこういうシーンはちょっと期待もしていたんですね。そうでないと気持の整理がつかない気がして。
…でもちょっとさすがに可哀想かな(笑)。まともに移動できないほどショック受けてるし。
コハナやタロズが微妙にデネブに優しい。いい奴らだなあ。
みんなで拾ったアメちゃんはデンライナーの備蓄になるのでしょうか。

■遊園地で語り合う侑斗と良太郎。全然楽しくなさそう(笑)。ものっそい淡々とアトラクションをこなして…。話の内容と行動のギャップがすごい。
なんか不思議な了解の仕方をしてますねこの二人。あれで侑斗は、良太郎の一種独特な肝の据わり方を信頼してるんだろうなあきっと。
でも仮装で記念写真はどうかと思うよ侑斗。
■クラーケンイマジンじゃない、オクトイマジン出ました。タコですねタコ。色も違うしね!
カイも能力使うと疲れるらしいですな。カイに直接操られてないイマジンって、なんかやることが間抜け(笑)。

■ゼロ組が妙な所に寝泊まりしてますが、それなんの見張り台?ゼロライナーはどした?この寒いのに…。
そこら辺中に洗濯物干してあるし、七輪で秋刀魚焼いてるし(おおデネブうちわ)、よく見るとデネブの寝床まわりに作りかけのデネブキャンディが!!
自分が前に描いた洗濯シリーズよりずっと所帯じみてるんですけどこの人たち。
『やってたらどうしよう』が次々と実現してしまう電王、恐るべし!
■何でか白羽取りの練習をする良太郎とタロズ。リュウタ、オーナーにおいた…でもやっぱりリュウタもオーナーにはかなわないのですな。リュウタ、懲りなさい、ね?

■お久しぶりのD侑斗、大ハリキリw
『シイタケ攻撃だぁ!侑斗~』
D侑斗の寝言に胸キュンしてしまったゲストキャラ翔子ちゃん、激しく共感しましたが何かwキミとは気が合いそうだよ翔子ちゃん。
うわあひょっとして初めてラブい展開になるのですかイマジンが!しかもデネブで!
しかしD侑斗に惚れても悲恋に終わりそうな予感。侑斗のことしか考えてない恋人じゃあなあ…。
それにしてもそこまでシイタケにこだわるのかデネブ…ひょっとして自分の大好物だったりするのでしょうか。

■そして今日もぶっ飛ばされて一回転なデネブ。ああ可愛い。押川さん超GJ!
■襲われる侑斗、久々のデネブ指鉄砲…でもやっぱり威力はイマイチ?
基本攻撃が鉄砲だから、究極攻撃がデネビックバスターなのかと微妙になっとく。
■えらい目に合ってる侑斗、お腹出すと風邪をひくぞ…。
■ソードフォーム颯爽。でもデンバード水没(笑)。
『俺のバイク!デンバードぉ!!』
桃・族系説が立証された瞬間?(笑)ちなみにアンタのじゃないし!ていうかデンライナーの操縦どうすんだ?

『しんじゃやだあぁああ!ゆうとおおぉおお!』 『バーカ』
この二人はわたくしを萌え死なす気らしいです_| ̄|●

d6a0152c.jpg























↑1シーンをただ描いただけなのに…どう見てもネタ絵(笑)。
あ、スーパーヒーロータイムがゼロ組だw『う~んデネビックぅ』ってホントに意味分かんないぞデネブ(笑)。

…今回デネブが大騒ぎ、次回もなおさら大騒ぎのようですな。デネブ好きとしては嬉しい限りですが、こんなにフィ-チャーしてホントにいいんですか?大丈夫ですか?
幸せすぎると怖いっていうじゃないですか(笑)。

拍手[2回]

日曜恒例のおたおたしながら書き込み復活。未見の方は要注意!

とりあえず…祝:侑斗復活!
そして祝:たけるくん復帰!

いやあ今週のデンライナー内は…楽しかったですなあ。
全員お名前つきエプロン装着でごはん。デネブごはん美味いよね。よく見ると全員湯のみが本人カラー(細かい)。
デネブほめられて嬉しそう。
テーブルにお花、壁のお花、のれんもついて…全部デネブだな。
変身の段取りまで仕切るし(仕切り魔だっての忘れてたw)。
お買い物異常に楽しそうだし(D良太郎…これはレア)。
だるまさんが転んだ…楽しそうだなぁ。

……見てるのが辛い(泣笑)。
良太郎のセリフ、まんまの心境ですよ。だから良太郎って好きさ。

オーナーの『覚えていたら、あんな風にはしていられませんよ』てセリフが心に刺さる。そうなんですよ。そうなんですけど。

ともかくも帰ってきてくれた侑斗。さらに記憶は消えていくという辛い設定つきですが。
ともかくも侑斗の元に戻ったデネブ。忘れてたことも覚えてないけどね。
安心したような、かえって哀しいような。
それでもやっぱりゼロ組はいてくれないと困ります。

さてイマジンはどこまで変形可能なのでしょうか(笑)。
イメージに依存してるからこのようなことも可能なのでしょうが<デネビックバスター
『勢いで』変身してしまったらしいデネブ、この形では飯もつくれんぞと見ていて心配していたら、予告では元に戻っていたようなので一安心です。
でもベガフォームも見たい…今後も出てくれるかなぁベガ。

ちなみに、この次は『七輪で秋刀魚を焼くデネブを描こう』と考えていたら、予告見ると本編でやりそうですね…。描くのやめよかな。どうしようかな。

↓これは前回、侑斗消えた!と思ったときに一瞬アタマをかすめた妄想。まあ、間違い絵ですね。

ff075d6f.jpg





















↑結局こうはならなかったわけですが、オーナーの言ってるのはこういうこと、もしくはもっと悪いことですよね…。

※追記※
侑斗が戻り、ゼロ組が復活してもどこかミョ~な居心地の悪さを感じていた自分ですが、東映の次週ネタバレを見たらなんか安心しましたw
これで心おきなくゼロ組賛歌が続けられそうです。

拍手[0回]

今週は放送がないので、何とかしてしのがないといけません。
今だからこそ懐かしの第二話の感想でも…(DVD見て嬉しかっただけだけど)。

不良のテツオに取り憑いたバットイマジンは生きていた。テツオがなくした母の形見のキーホルダーを探して暴れ回るバットイマジン。
一方良太郎は、「電王」や「イマジン」や「時の運行」などという非常事態に消化不良気味。
バットイマジンはキーホルダーを見つけ、「契約完了」とテツオの記憶をたどって2006年へ飛ぶ。
過去で暴れるバットイマジン、それを阻止するべくデンライナーで時を越えて追う。少し慣れてきた良太郎、変身して首尾よくイマジンを倒す。
ただしイマジンのイメージが暴走し、巨大化して「ギガンデス」となってしまう。
デンライナーの攻撃車両による猛攻で、無事撃滅。
優しい良太郎は、テツオが母の死に目に会えるように、ちょっとだけ歴史を変えてしまう。
ともあれ不運慣れした良太郎は事態に慣れ始め、良太郎に憑依したモモタロスも、ほぼデンライナー側に取り込まれる形にw

ba778f9c.jpg
気になるポイント

■デンライナー食堂車勤務のナオミ。元々どこかの時間に所属していた人間なのだろうか…。いやむしろ人間なのだろうか

■このころはまだモモタロスは、良太郎に「望み」を言わせて契約しようと一応努力している。まあすぐになれ合って諦めたらしいが…。

■モモタロスが初めて食堂車で実体化する(未契約状態なので、デンライナーの中でしか実体化できない)。




■そうとう自分の姿に納得がいかないモモタロス、しかもイメージが「桃太郎」ということで、自分のことは棚に上げて良太郎のセンスを批判する。しかしかっこよさにこだわるモモタロスのセンスは、多分暴走族系だろうと自分的に推測している。

■デンライナーの操縦装置、バイク型のデンバード。普段は自動操縦なのだろうか?ていうかナンバープレートの「品川92-99」が激しく気になる。

■デンライナーの戦闘車両、「ゴウカ」発動。もちろんモチーフは犬猿キジ。
モモタロス「何でもいい!ぶち込め!」(おおざっぱ)
良太郎「ええっ、そ、それでいいの!?」(至極まっとうなつっこみ)

■イマジンの暴走→ギガンデス。じゃあ、モモタロスなんかも場合によってはギガンデス化するのだろうか?想像すると楽しい。

■ナオミの淹れたコーヒー、良太郎とハナにはかーなーり微妙(いやむしろおそろしくまずい)らしいが、モモタロスはこれ一発で機嫌が直っている。ていうかイマジン全般に大好評。その味わいは永遠の謎か。

■過去での戦いの場に、『懐中時計を持った謎の男』初登場。

初めて実体化したモモタロスと顔つきあわせた良太郎が、ショックで倒れるというのがすごい。改めてこのあたりを見直すと、良太郎が不憫でならなかったりする。
しかしこういう謎だらけな状況、事態の曖昧さに対する適応性という点で、良太郎はかなり図抜けている。
やっぱり強い子なんである。

拍手[0回]

※未見の方は要注意!39話ハデにネタバレ中!

恒例のとりあえず書き込み、今日も今日とて動揺中でございます。
ていうか今日は特に盛大に動揺中です。お見苦しい点がございます。

どうしよう。

侑斗が……。

『デネブをよろしく』とかさ。
止めてーそんな哀しいセリフ!死亡フラグだよぅ。素直な侑斗なんて!
デネブはどうなる!
侑斗がかわいそうだとか、ひとりぼっちになるとか、それだけであんだけかばいだてしてたデネブが、『侑斗は最初からいないんだ』なんて結論受け入れられるわけないじゃん

しかもアレですよ、来週お休みでしょう。
二週間こんな心配しながら過ごせっての!?

…こんな具合にすっかり動揺しましたわたくし、二回目の視聴で、予告をスローでなんべんも見返しまして。
次回、侑斗はがっつり帰ってくるモノと確信して安心することにいたしました。
デネブも良太郎に憑いたりしてるしねw←早く見たい
タロズにせっせとごはんを振る舞ってるらしいし。
色違いのゼロノス居たしね。デネブ銃持ってw

だからきっと大丈夫(予告ネタバレもこんな時には助かります)。
ひとつ気になるのは…予告画像で暗いゼロライナーのサロン映ってたんですが…暗いのとCMかぶってよく見えないんですけど、そこでデネブ一人で膝かかえてたりしないよね?ね?

■良太郎がどんどんかっこよくなる気がするv
■桃のは「剣術」でもなんでもないと思う
■オーナーの能力はまだ底を見せていない
■イマジンは回すと酔うw
■デネブはどうあっても侑斗に椎茸を食べさせたい(オカンめ)
■ていうかかなりの買い物好き<デネブ

ハッキリしたこと…自分、デネブのために侑斗の心配してるんだなー。ごめん、侑斗。

※追記※
公式サイト見たら、デネブがデンライナーにいるのは
『侑斗は最初から居ないことになったので、はじめから良太郎に憑いたことになっている』
とゆー設定でした!
嘘ーー!侑斗のこと知らないデネブなんて嫌あああ!
(再び盛大に動揺中)(誰か止めて)



拍手[0回]

最初に言っておく!
にわとりは特撮にハマるのは初めてなので勝手が分からない!

いや、子供の時は普通に見ていましたよ…本来のターゲットとして…。
初代ライダーとか2号とかV3とか。キカイダーはやっぱり「良心回路」てのがツボでしたなあ…プロフェッサーギルの笛がねえ…子供心に萌えましたっけ。(年バレバレ)
去年のカブトも見ていたんですよ。でもハマりまくるところまでは行かなかったわけで。
格ゲーや洋楽や邦楽や洋画やドラマや、色々ハマってきましたけども。特撮は未知の領域です。

さてハマるとなめるように可愛がってしまうという良くない癖をフルに発揮して、後半戦の切なさを忘れるためにも、やっちまいます第一話からのおさらいw
超今更なわけですし、クドいとお思いの向きはスルーの方向で!

第1話 俺、参上!

2007年に未来人の精神体「イマジン」達が襲来する。
時を越える謎の電車「デンライナー」はイマジンを阻止する目的で2007年にやってくる。

「巻きこまれ型の典型」「歩くマーフィーの法則」野上良太郎はデンライナーに乗る謎の美少女ハナと出会い、「特異点」だとか言われて半ば強引に「電王」に変身することになってしまい、侵略イマジン「バットイマジン」との戦いに一応の勝利をおさめる。

イマジンは精神体なので人に取り憑いて活動する。良太郎も憑依されるものの、「特異点」の特性らしく取り憑いたイマジンは良太郎を自由に出来ない。
ていうか「電王」に変身する際には、憑依したイマジンの力を利用して戦うことになる(良太郎だけでは非力すぎてどうにもならない)。
良太郎に憑いたイマジン(モモタロス)は乱暴な不良だけどちょっとお人好しでおバカ系の赤鬼タイプ。
訳のわからないまま巻きこまれた良太郎、さあどうなる!

……まとめるとこういうところでしょうか(なんかまとめすぎな気も)。
以下、ココまででわかる気になるポイント。

■良太郎の住所は中野区中野らしい。そういえばよく中央線あたりを歩いている。
■デンライナーに乗るには、パスなりチケットなりを持って「ゾロ目」(11時11分とか)の時間に適当なドアを開けてみること。レッツトライ。
■モモタロスは最初に出現したとき、全く良太郎に気づいてもらえず自転車で轢かれている(笑)。
■良太郎の体を乗っ取ったモモタロスは、相手がイマジンでもタダの不良でも、全くソードフォームの時と変わらない戦い方をしている…つまり棒などを振り回してめった打ち(危険)。
■モモタロスの口癖「俺、参上」「俺は最初っからクライマックスだぜ」「行くぜ行くぜ行くぜ!」は最初っからクライマックスで連発。
■この回で出た「俺の必殺技」はパート1が不発、パート2は発動。しかし本当は「エクストリームスラッシュ」というらしい…。

43356f34.jpg













↑オエビ使ったらこんなていたらく。マジでオエビツールへたくそだな自分。
ともかく良太郎が自転車に乗るのは危険!

そして謎。
■なぜイマジン襲来は2007年に限られているのか。
■未来から来たイマジンは、なぜ過去をいじって未来を変えたいのか。
■未来には人類は「精神体になって過去へ飛ぶ」などという芸当が出来るようになるのか(!!)。

こういう謎はイマジンに問いただせばわかりそうなものですが、なにせイマジンたるモモタロスの「使命」についてのセリフは、
そんなもん最初っから覚えてねえ
「むしろこういうの(ライダー変身で他イマジンと戦うとか)がやりたくて来た」
ですから、情報源としてはなはだ役に立たない。(バットイマジンにまで「バカか」と呆れられていた…)
まあ、後半で明らかになる種類の謎ですが。

その他にも
■デンライナーとはいったい何か。
■特異点とは何か。特異点でないとライダーになれないのか。それとも、特異点ならライダーになれるのか。
■良太郎が変身しただけじゃサナギマン(!)みたいになんの力もないんだから、「電王」が活躍するためにイマジンの力を利用するのはデンライナー側にとっては織り込み済みの想定事項?

いずれにせよ(いつものように)数々の謎をはらんだまま、物語は始まった。
…そういえば、このあたりだと良太郎憑依時の声の吹き替えは、あったりなかったりなんですね。いつのまにか全吹き替えになってるけど。

拍手[0回]

カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
山野にわとり@ニワタロス
性別:
女性
職業:
まずしい自由業
趣味:
ゲームに漫画にロックに特撮
自己紹介:
電王は初回から見ていたくせに30回超えた時点でどはまりした乗り遅れ気味のイマジン。
ダシにする子供がいないので、おもちゃ屋等で居心地の悪い思いをすること多し。
今や特撮好きの道をまっしぐら。
お知らせ

このブログの画像もだいぶ増えましたので、サイトに部屋作って一覧展示してみました。

竹やぶステーション】内【駆け込み電王ギャラリー】

よろしかったらこちらへもどうぞv同人誌の通販もやってます

遠嶋佐保オリジナル作品(デジタルコミック)配信はコチラ 【ブラディ・マリーが甘すぎる】 【My Sweet Vintage
web拍手
よろしかったらぽちっとなv 只今お礼画面はイマジンとその相棒×5(ランダム)になっております ↓
カウンター
最新コメント
[08/14 そらたろす]
[05/07 リオン]
[11/16 リオン]
[09/29 Ataya]
[09/25 リオン]
メールフォーム
オヤこんな所にメールフォームが。 お問い合わせ・ご感想などございましたらここからでもニワタロスイマジンに送れるようですね。メアドは入れても入れなくても無問題。よろしかったらどうぞv
コウコク
最新トラックバック
ブログ内検索
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]